市内各地で桜の花が盛りを迎え、新年度がスタートしました。入学式や入社式もいっせいに催され、地域全体が華やいだ雰囲気に包まれましたが、名張市も35人の新規採用職員を迎え、4月1日に辞令交付式を挙行しました。新人諸君がそれぞれの部局で先輩職員とがっちりチームワークを固め、一日も早く仕事を覚えて、地域社会の奉仕者として思う存分、若い力を発揮して新しい時代を切り開いてくれるよう期待しています。

5月1日にはいよいよ新元号、『令和』の時代が開幕します。国書を典拠とした元号はこれが初めてとなりますが、この元号には和して喜ぶという日本古来の伝統的な精神が込められているものと思っております。平成につづいて国民が平和を喜び合い、その精神を諸外国に発信できる時代が訪れることを、また地域社会においては、平成の世に芽生え、頼もしく育った協働の精神が、令和の世に大きな実りを迎えることを確信しております。