一年で最も寒い時期を迎え、インフルエンザやはしかといった感染症が猛威を振るっています。体調管理には万全を期して厳寒の季節を乗り切りたいと思います。

インフルエンザはとくに東海地方で大流行していて、学校や幼稚園で学級閉鎖が相次いでいます。ワクチンを接種するほか、人混みや繁華街への外出を控え、十分な休養とバランスの取れた栄養摂取を心がけるなど、予防に努めて下さい。

一方、先月末の時点で、はしかには全国で67人、県内で47人が感染しており、三重県が全国の70%を占めています。初期症状は発熱や倦怠感、せき、鼻水、くしゃみなど風邪に似ているとされています。十分に留意したいものです。

市議会の定例会は3月1日に開会し、26日までの日程で、小中学校の空調整備や三重とこわか国体に関連する施設整備などの予算案をご審議いただきます。