いよいよ師走。時の流れの早さを痛感させられる時期となりました。インフルエンザなどにくれぐれも注意して、元気よく年の瀬を乗り切りたいものです。

先月17日に実施した総合防災訓練には4万人のみなさんにご参加いただき、防災に対する市民の関心の高さをあらためて認識いたしました。行政の最大の使命は地域住民の安心・安全を守ることであり、今後もそのための努力を重ねたいとあらためて決意致しました。

また24日には、7月の実施予定が変更になった名張川花火大会が開催され、こちらにもたくさんの見物客がおお出かけいただきました。11月の花火大会という、めったに体験できない風情をたっぷりお楽しみいただけたものと思っております。

12月定例会は、4日から20日までの会期で開かれ、補正予算案などをご審議いただきます。どうぞよいお年をお迎えください。