連日の猛暑の中、東京オリンピックで日本選手の活躍が光り、世界から集まったアスリートたちが勇気を与えてくれます。コロナ禍のせいで異例の大会となりましたが、無事に閉会式が迎えられることを願うばかりです。

 三重県では9月から10月にかけて三重とこわか国体・三重とこわか大会が開催される予定ですが、新型コロナウイルスがどんな影響を及ぼすか、予断を許さない状況です。大会実行委員会は7月29日、感染状況や医療提供体制などに応じて開催の可否を検討する基準を決定し、とこわか国体については8月14日、基準に照らし合わせて判断が下されることになりました。

 とこわか国体では名張市内でも、ホッケーをはじめとした競技が予定されています。万全の感染予防対策を講じて大会を成功に導くべく、関係団体などが一丸となって準備を進めておりますので、市民のみなさんのご理解とご協力をお願い申し上げる次第です。